タレント 辻希美 「無菌性髄膜炎症候群」で入院 

ここでは、「タレント 辻希美 「無菌性髄膜炎症候群」で入院 」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

タレントの辻希美(26)が体調不良で入院していることがわかった。

 24日、辻の公式ブログで所属事務所のスタッフが「22日夜に体調不良を訴え救急外来にて受診した結果、『無菌性髄膜炎症候群』との診断を受け、数日間入院することになりました。ブログに関しましてもしばらくお休みをいただき、今後の様子を見つつ再開させていただければと思います」と報告。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000115-spnannex-ent





【スポンサードリンク】
病名を聞くと非常にヤバそうな病名ですね。


ちょっと調べてみました


治療・予防
脱水のために輸液療法が必要になることが多く、また、いつも細菌感染症の可能性を念頭に置く必要があるため、通常入院治療が必要であるが、多くの場合に はウイルス性であるため、対症療法が中心となる。診断のために行われる髄液の採取により、頭蓋内圧の減少を介して、症状が軽減されるのはよく経験されるこ とである。ウイルス以外の病原体によるものでは、病原体特異的な治療が行われる必要がある。予後は起因病原体に依存する。エンテロウイルスによる無菌性髄 膜炎の場合には予後は良好であり、完全に回復するが、生後数カ月以内の乳児の場合には、精神発達遅滞の危険因子となると報告されているため、その後の経過 観察が必要である。結核、リケッチアなどの場合でも、特異的な治療が早期に行われれば予後が良好なことが多い。しかしながら、回復数週間後に神経学的評価 を行っておくことは必要であり、特にムンプスが原因の場合には、聴力の評価が重要である。
ムンプスによるものはワクチンにより予防可能であり、昆虫あるいは動物媒介のものはそれらに 対する対策が必要である。エンテロウイルスによるものは基本的に糞口感染であり、また患者は症 状軽快後も数ヶ月は便中にウイルスを排泄するために、流行期には一般的なうがい、手洗いの他、患者との濃厚な接触をさける以外には手だてはない。


・・・。

え?結構マズイ感じじゃないですか・・・?

疲労が原因とも書いてありますし
ゆっくり養生して なるべくお早い復帰を祈ります。


ネットユーザーの反応
テキストテキスト テキストテキスト テキストテキスト

・ウインナー食いすぎたんじゃないの?

・矢口も体調不良だったなそういえば

・↑言ってやるな

・これはお大事にとしか言えない

・ウインナー料理のブログ 楽しみだったんだがなぁ

・子供のこともあるしなぁ 早く復活してほしいもんだ

と、様々な反応。

ゆっくり休んでください。





↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 辻希美, 無菌性髄膜炎症候群,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/94-181f1a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。