内部告発!?秋田書店の不正

ここでは、「内部告発!?秋田書店の不正」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

EXP=1377237628.jpg

秋田書店が読者プレゼントの不正で消費者庁から措置命令を受けた問題に絡み
社内で不正を訴えた女性社員を同社が解雇したという報道に対し、同社は8月21日
Webサイトに社告として反論を掲載した。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/21/news122.html
【スポンサードリンク】
さて、今争点となっているのは
「どちらが嘘をついているか」なようです。

現在、秋田書店

・読者プレゼント数が50人にも関わらず1人にしか送っていなかった
・それを指摘した社員を解雇した

という事案で話題にあがっています。


また、この解雇が不当であったことも報道されており

[ 読者プレゼントを窃盗したから解雇 ] となっているようです


情報操作をするつもりはないですが

「法廷の場で事実関係を明らかにし、解雇の正当性を証明する」

という秋田書店ですが・・・


これはどうなのでしょう?



疑問点

秋田書店は漫画雑誌の読者プレゼントで、
誌面に掲載した当選者数に対し実際の当選者数が少なかったとして、
消費者庁から措置命令を受けた。「50人」にプレゼントのはずが3人だった例もあった。


と、あるように 事実上の不正があったわけです。

しかし「窃盗があった」「解雇の正当性」を強調。


いつしか論点が摩り替わっているようにも思います( ・・)?





「記事は弊社への取材も一切おこなわれず一方的に元社員の言い分を掲載した」

秋田書店がしたことは

不正があったと認識していながら公開しなかった

ことが一番の問題であると思うのですが・・・

もちろん、不当解雇も相当なものですが。



正論

秋田書店の言い分である

「記事は弊社への取材も一切おこなわれず一方的に元社員の言い分を掲載した」

これは最もなことではあります。



が、しかし どのみちそれらを公開しなかったことで

例えそれが真実であったとしても手遅れだと思います。



不正を公開しなかったのは 何かしら不利益があるから

つまり、隠蔽したと思われても仕方がないことなのです。



ネットユーザーからは

・横領や窃盗が発覚した時点で雑誌にお詫びが載るのが普通じゃないの?
・これは苦しい言い訳
既に証拠が出ている


と批判が相次いでいる。

特に、証拠が出ているというのは

こちらの消費者庁が発表した今回の不正の措置命令である

http://www.caa.go.jp/representation/pdf/130820premiums.pdf




この女性写真は2011年9月頃から休職しており

2012年2月29日に解雇通知が届いている。


そして秋田書店は 2012年3月~4月発売の雑誌のプレゼントを盗んだと言っている。


発売前にプレゼントは手元にあるかもしれない。


何にせよ、公開されている情報だけでは

秋田書店の言い分が非常に苦しいと思います。


まとめてみますと


秋田書店「不正は元社員が行ったこと」

元社員「不当解雇の理由にされた」

不正が行われていたと発覚した時点で公表はなく

不正が行われていたと言っているとき元社員は休職中。



少々厳しい気がしますね・・・。









↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : ニュース, 秋田書店, 不正,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/9-e7235cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。