【棋譜あり】第22回富士通杯達人戦 決勝戦 森内俊之 竜王 対 高橋道雄 九段

ここでは、「【棋譜あり】第22回富士通杯達人戦 決勝戦 森内俊之 竜王 対 高橋道雄 九段」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


第22回富士通杯達人戦 決勝戦 ▲森内俊之 竜王 対 △高橋道雄 九段の対局が行われ
145手をもちまして 先手 森内俊之 竜王 の勝ちとなりました。
手数と勝者名は白文字にしてありますので、先に知りたい方はマウスドラッグで反転させて確認してください。




【スポンサードリンク】


ここで先に感想とかを述べると白字にした意味が無くなってしまうので
とりあえず何とかスペースを稼がなくては( ゚□゚)

今日はオリックス戦を見てたので達人戦はニコ生のタイムシフトで見ました。
いやぁ、こういうときのタイムシフトはいいですね(´▽`*)
木村八段の解説はとてもコミカルでコメディーのような言い回し
所々笑いを混ぜてくるのでどこか安心して聞いていられますね。
それでいて解説も的確ですから、まさに打ってつけての人選!

特に今王位戦で羽生王位と戦っていることも話の一つに挙げ
「追い詰められましたけどね」
「高橋九段に羽生名人の倒し方を教えて欲しい」
など自虐風なトークも全快でした。
今回の見所も事細かに話していましたし、将棋の内容も解説も大満足の一局。

将棋はまさに達人戦の名に相応しい名局だったと思います。
持ち時間15分秒読み30秒考慮時間10回とNHK杯の次に短い対局。
と、言っても達人戦は非公式対局なんですけども・・・。

序盤から中盤にかけて展開は速く、終盤になると早指しなんですが
30秒という短い時間のなかで正確に読みきった森内竜王(ここらへんから感想言っても大丈夫かな)
老練な指し回しで先手勝勢の中一気に逆転する手順へ導く高橋九段
最後の最後まで1手間違うと逆転してしまう将棋を30秒の世界で考える。
難しい局面を30秒以内で判断しても間違わないというのは流石プロ棋士!

結果は森内竜王の勝ちでしたが、終盤に入ってからはどう転んでもおかしくない展開。
攻めがダメなら受けに回ったり一度安全を確保すると容赦の無い攻めで紛れを探す高橋九段。
両者に拍手を送りたいですね(´▽`*)

これは詰んだのか詰んでいないのか この手以外だとどうだったのか
感想戦も盛り上がっていましたね!

今日はオリックスも勝ったし気分良く将棋を楽しめましたヽ(゚∀゚)ノ



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 第22回富士通杯, 達人戦, 決勝戦, 森内俊之竜王, 高橋道雄九段,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/805-8c04e8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。