【電王戦】将棋電脳戦FINAL!!来年2015年春開催!ルール変更で継続か

ここでは、「【電王戦】将棋電脳戦FINAL!!来年2015年春開催!ルール変更で継続か」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


2014年8月29日のニコファーレにて、今後の将棋電王戦についての発表がありました。
2015年の春に開催される将棋電王戦FINALは 5対5の戦いに終止符が打たれるようです。
その他様々な発表がありました。

【スポンサードリンク】
要点をまとめると

・開催日程2015年の3月~4月にかけて
・5対5の対戦形式は来年で終了
・共存の形を変える
・プロ棋士から選出された5名と今年11月に行われる将棋電王トーナメントの上位5ソフトによる団体戦
・ルールは前回と同じく本番と同じソフトとハードで行い、練習対局が出来る環境を主催者側が用意する
・持ち時間はチェスクロック方式で5時間 秒読み1分 
昼食休憩 12:00~13:00
夕食休憩 17:00~17:30
・10月12日にプロ棋士を発表


将棋電王戦 FINALの発表はここまで
そして、新たな対局として 再来年から電王戦タッグマッチが開催されることが決定されました!
以前行われたように、プロ棋士とCPUが協力するトーナメントとなっています。
残念ながら公式戦としては扱われないようです。
しかしながら、予算はかなり組まれているようで 大型の棋戦として定着するかもしれませんね!

そして、電王戦タッグマッチ2014の開催が決定!
ルールは
・1stRound 1回戦・準決勝 持ち時間1時間切れ負け
・1st Round 決勝・FinalRound 持ち時間1時間 秒読み30秒
・プロ棋士はCPUの最善手を確認しながら対局を行い、数手先も確認しても良い
・出場棋士が、コンピュータ将棋ソフトを操作し、ソフトの推奨手を参考にしながら対局を行う。
・FinalRoundはAブロック優勝者、Bブロック優勝者とシード棋士2名によるトーナメント

Aブロック出場棋士
屋敷伸之 九段
森下卓 九段
加藤一二三 九段
高橋道雄 九段
中村太地 六段


Bブロック出場棋士
佐藤紳哉 六段
菅井達也 五段
西尾明 六段
船江恒平 五段
阿部光瑠 四段


シード棋士
佐藤慎一 四段(前回大会優勝者)
久保利明 九段(A級棋士)


なるほど。
久保九段はA級ということでってことか。

組み合わせ
第3回将棋電王戦出場棋士と、前回タッグマッチ優勝者の佐藤慎一 四段は
対戦ソフトとタッグを組む。
上記以外のゲスト棋士は抽選を行い組み合わせを決定する。
とのこと。
なるほど、敵から味方になるという熱い展開ですねヽ(゚∀゚)ノ

発表によりますと

Aブロック
屋敷伸之 九段 と Ponanza
森下卓 九段 と ツツカナ
加藤一二三 九段 と やねうら王
高橋道雄 九段 と YSS
中村太地 六段 と 習甦

なるほど、屋敷九段とPonanzaは普通に強豪な気がする(=Д= )

Bブロック
佐藤紳哉 六段 と やねうら王
菅井達也 五段 と 習甦
西尾明 六段 と Ponanza
船江恒平 五段 と ツツカナ
阿部光瑠 四段 と YSS

シード棋士
佐藤慎一 四段 と Ponanza(2013年バージョン)
久保利明 九段 と 習甦

佐藤四段は当時のまま、旧式のPonanzaらしいです。
前回優勝者としてのハンデ的なものでしょうかね(=Д= )


面白い趣向で始まりそうですけど・・・
事実上人間側の白旗。
という形で幕切れとなってしまいました('A`)
最も、平等なルールというのが難しく プロ棋士を貶めるだけの大会となっていましたしね・・・。
それでも私はプロ棋士が戦う姿に胸を打たれ、応援してきましたから 残念です。
あとはタイトル保持者が日程的に参加できないというのありますよね('A`)
本当に頂点に立つプロ棋士が結局参加出来ないというのは・・・。

あまり大差はないかもしれない。
それでも羽生さんなら・・・森内さんなら・・・渡辺さんならと思ってしまいます。
彼らは次元の違う場所で佇む天才。
彼らが敗れて初めて皆が納得できるというもの。
内心、勝てないのではないかという思いもあります。
しかし、納得できないヽ(`Д´)ノ

まぁ、でも。
共存共栄ということでタッグマッチというのは面白い。
以前にやってましたけど、なかなか深い戦いですよね。
大局観という面でCPUが判断した局面を良しと捉えるかはまた別ですし,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

残念な発表と同時に嬉しい発表もありましたし 心中複雑ですけど・・・。
それでも楽しみが減って増えたらならチャラですよヽ(゚∀゚)ノ



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 将棋電王戦, FINAL,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/778-7c32e206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。