第59回全国高校軟式野球選手権大会 準決勝 延長30回で決着つかず!3日目に突入!

ここでは、「第59回全国高校軟式野球選手権大会 準決勝 延長30回で決着つかず!3日目に突入!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


第59回全国高校軟式野球選手権大会は29日、兵庫県の明石トーカロ球場で、前日0―0で延長15回サスペンデッドドゲーム(一時停止試合)となった準決勝の中京(東海・岐阜) ―崇徳(西中国・広島) の続きが行われたが、両者譲らず延長30回0―0のまま2日目も終了。再びサスペンデッドゲームとなり、30日(午前11時)に延長31回から行われることになった。  中京は11安打、崇徳は19安打を放つがともに得点できず。中京は松井、崇徳は石岡がともに30回を投げ抜いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000094-spnannex-base


【スポンサードリンク】
高校野球と言えば、硬式!そして甲子園!というイメージがあるかもしれません。
しかし、私は高校時代 軟式野球部に所属していました。
とある事情でマネージャーをしていましたが なかなかの強豪校だったそうです。
私が所属していたときはそこまで強いチームではなかったのですが
ノーヒットノーランを達成したりもしました!
知っている人のほうが圧倒的に少ない小さな輝きでした。

私は甲子園出場したこともありませんし、それに匹敵するものは思い浮かびませんが
私たちにとっては最後に出た大きな大会こそが甲子園に匹敵するものだと思っています。

長くなりましたが、高校から一気にマイナーなスポーツに分類されてしまう軟式野球。
大々的に取り上げられることも少ない軟式高校野球が話題に。・゚・(ノД`)・゚・。
しかも、壮絶な試合を行っているようですね!

これまでの最長イニング試合は25回で、第26回大会(1981年)の大津(山口)―口加(長崎)と、第28回大会(83年)の平工(福島)―松商学園(長野)で記録。硬式では25回で、第19回大会(1933年)の中京商(愛知)―明石中(兵庫)が記録している。
なお、これまで国内での最長延長試合は、第38回天皇賜杯全国軟式野球大会(1983年)で記録された、田中病院(宮崎県)―ライト工業(東京都)の延長45回となっている。


最長記録を振り返ると、30年以上前に遡らなくてはならない上に社会人( ゚□゚)
高校野球でも30年以上前・・・。
そんな壮絶な戦いを今繰り広げている!
胸が熱くなりますね(´▽`*)

決勝戦が31日に行われるようで、明日決着着かなかったどうなるんだろう・・・。



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 軟式野球, 延長30回,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/776-d8d33386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。