【シリア拘束】湯川さん解放交渉、イスラム過激派組織「イスラム国」に完全に拒否される

ここでは、「【シリア拘束】湯川さん解放交渉、イスラム過激派組織「イスラム国」に完全に拒否される」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


シリアで、湯川遥菜さんがイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されたとみられる事件で、解放交渉を続けてきたという反体制派組織「イスラム戦線」は25日、「イスラム国」に交渉を完全に拒否されたと発表した。  「イスラム国」は、捕虜の交換にも一切応じない構えだという。「イスラム戦線」は今後も働きかけを続ける考え。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140827-00000006-nnn-int



【スポンサードリンク】
これが駆け引きなのかどうかですが・・・。
湯川さんを人質に取るよりも交渉材料としたほうが有益とは思いますので
多分ですけど、交渉をより優位に進めるための駆け引きじゃないかなぁ('A`)
いや、でも過激派ですからね・・・何があってもおかしくない。

えーっと。
湯川氏が拘束される

ISISに安江塁という人がTwitterで素性をばらす

湯川氏が尋問される

解放の交渉

拒否される

という流れ。
安江塁氏の密告がなければこうはならなかったとは言いませんが
事態を悪化させたのは間違いないですね。

さて、人質に取られたり拘束されたりは過去に結構ありますよね。
イラク日本人人質事件などが有名です。

バカ三人と二人は自作自演ではないかと言われていますが
あの後味の悪さと言ったら、何とも言えないものがありました。
今回はこのようなことがないようにして欲しいなぁと思いつつ
危険は承知だったはずだとも思います。

特に、自衛隊が救助しにきたのに撤退させろと言ったり解放された後に訴訟起こしたりと
自らが招いた事件を逆手に取るようなことがあり、ネット上では湯川氏拘束事件に関しても
冷ややかな声も目立っています。
解放されるに越したことはありませんし、無事を祈る気持ちは変わりませんが
ここぞとばかりに妙な騒ぎ方をしていらっしゃる方々も目立ちます。
自作自演というわけではないでしょうけど・・・。

今回のケースはどうか知りませんけど、紛争地域に自己責任で向かい
トラブルに巻き込まれた際、助けられて当然という態度であることが多い気がします。

また、模倣犯とは言いませんが Twitterで更に不利になる発言を繰り返している人もいたり
ある意味でお祭り騒ぎしているバカモノも居るようで・・・。
今はともかく、続報を待つしかないのですが

もしも、紛争地域で商売しよう!とか紛争地域で取材でもするか^^
という方がいらっしゃいましたら、自分だけは安全という考えは辞めたほうが良いかと( ゚Д゚)
そういう地域に行くということは、死をも辞さない覚悟が必要だと思います。
今や戦争に縁がない日本にいると、少々平和ボケしていると思いますが
話せば分かる!わけないので気をつけてくださいね(=Д= )



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 湯川氏, 拘束, シリア, 交渉, 拒否,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/769-65c69183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。