【高校野球】日本高校野球連盟で導入が検討されている“タイブレーク方式”に球児たち50人中50人が「反対」

ここでは、「【高校野球】日本高校野球連盟で導入が検討されている“タイブレーク方式”に球児たち50人中50人が「反対」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


真夏の熱戦、第96回全国高校野球選手権大会が今年も甲子園球場で始まるが、日本高校野球連盟で導入が検討されている“タイブレーク方式”には球児たちが「反対!」のシュプレヒコールを上げた。春夏の甲子園大会で選手の体調面を考慮し、高野連は全加盟校にタイブレークの可否を問うアンケートを実施。結果を8月末までに集約して議論を進め、決まれば来春にも導入される。しかし、本紙が今大会出場の球児50人に緊急アンケートを実施したところ、100%が「NO」の返答。“当事者”たちの訴えとは――。

http://news.livedoor.com/article/detail/9133403/


【スポンサードリンク】
正直、これについては賛否両論あるだろうなーとは思っていましたが

東海地区の高校の選手も
「なんで打たれてもないのに走者を出さないといけないんですか。
そんなので負けたら一生悔いが残ります。制限されたくない」と訴えた。


九州地区の選手も
「早く終わらせることを前提にすると余計にピッチャーの重圧になる。目先の判断なんじゃないか」
と首をかしげ、導入に賛成する球児は1人もいなかった。


このコメントを見て、確かになぁ('A`)と思いました。
そもそも、体のことを考えるのであれば 訳の分からない過密日程をなんとかすべきなのでは?
連投が避けられない高校野球だからこそ日程に余裕を持たすべきだと思います。
それが何故「タイブレーク方式」となるのだろう。
確かに決着は早くなるでしょうけど、次のない高校野球では悔やみきれない結末も・・・。

タイブレーク制は選手の体調管理を目的とし
延長戦で人為的に走者を置いて早期決着を図る特別ルール。
すでに明治神宮大会や国体などで導入され、延長10回以降の攻撃を一死満塁の状態からスタート。
社会人でも都市対抗大会で2003年から採用(現在は、延長12回から一死満塁で開始)し
プロが参加するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも
09年の第2回大会から実施(延長13回以降は無死一、二塁で開始)されるなど広がりを見せている。


なんだかなぁ('A`)
早期決着というのは分かります。
ただ、この場合は日程が詰まっているという問題に関しては特に改善されていないので
結局酷使に変わりはないような気も・・・。
社会人の都市対抗、プロが参加するWBCでもまぁそれは分かるんですけど。
高校野球にまで手を伸ばすんですか・・・。
でも、体のことを思えばそれも仕方のない処置ではないかと思ってしまいますが・・・。

日程に関しては、夏休み期間中に全てを終わらせなければならないので仕方がないとしても
もう少しなんとかならないものか・・・。

昨春の選抜大会で済美(愛媛)の安楽智大投手が、3連投を含めて5試合で772球を投げ
米国メディアなどがこぞって批判。その後、安楽は夏の大会も出場し、秋に右ヒジを故障。
今夏の甲子園出場も果たせていない。


これは監督が批判されるべきですけどね(=Д= )
故障してんのに投げさせて、完治してないのに投げさせて・・・。
監督にとって選手は自分の栄光の為だけの道具と思われて仕方がない。
それを盾にするのはどうかと思いますが、少しでも酷使がなくなるのであれば・・・。
難しい問題なのかなぁとは思いますし、どちらが正しいと言い切れませんが

私自身、こんな素晴らしい提案があるよヽ(゚∀゚)ノ
と、解決策を持っているわけではないのでアレですけど
同一投手の3連投禁止などを設ければいいんじゃないですかね('A`)?
チーム力の向上にも繋がりそうですし。
まぁ、この問題は早期解決というわけにはいかないでしょうね(=Д= )



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 全国高校野球選手権大会, 甲子園, タイブレーク導入, 高野連,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/731-d57e083d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。