【オリックス】親助っ人外国人のダン・ランズラーが入団会見!中継ぎの強化か?

ここでは、「【オリックス】親助っ人外国人のダン・ランズラーが入団会見!中継ぎの強化か?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


オリックスの新外国人、ダン・ランズラー投手(29)が4日、ほっと神戸で入団会見に臨んだ。最速100マイル(約161キロ)を誇る長身左腕は、馬原、佐藤達、平野佳と“救援150キロカルテット”を形成し、1996年以来となるリーグ制覇に貢献することを誓った。  首位のソフトバンクに今季最大2・5差をつけられたオリックスに、頼もしい助っ人が現れた。今季はジャイアンツ傘下3Aでプレーし、メジャー通算89試合に登板した実績を持つランズラーは「これまでも勝つことにこだわって投げてきた。チームに貢献したい」ときっぱりと言い切った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140804-00000184-sph-base


【スポンサードリンク】
ほーぅ( ゚Д゚)
馬原の不調もあるでしょうけど、中継ぎで頼りになる左投手がいないこともあって
まさにピンポイントな補強に思えますが・・・。
メジャーなどでの成績はそこまで良くはなく、球は速いようです(=Д= )
MAX161km 常時150kmは投げられるとのことなので、150kmカルテットを結成か。

自己最速157キロの馬原
同155キロの佐藤達
同156キロの平野佳が「勝利の方程式」としてすでに君臨。


馬原は最近あまりピリっとしてません('A`)
登板したら炎上も隣り合わせで・・・。
さて、ランズラーの過去の通算成績は

ダン・ランズラー

4勝2敗10H
防御率3.86 登板89 投球72.1 四死球47 奪三振78 WHIP2.51

過去に一度先発したこともあるようですので中継ぎに以外も任せられそう・・・。
うーん('A`)
四死球などをみる限り、制球が悪いというわけでは無さそうですが
如何せん、ここ数年活躍は無く 2012年以降メジャーに上がっていません。
ただ、現状左の中継ぎは中山しかいないのは大問題。
その中山も3日に登録を抹消されて、同じ左の中継ぎ海田が上がってきましたが
なかなか思うようなピッチングが出来ていないのが現状。

オリックスの中継ぎ唯一の弱点、それは右投手しかいないということ。
これを改善することが出来れば、広げられたゲーム差を縮めて優勝することも難しくないかも・・・。

ランズラーは左ながら100マイルを投げることが出来る化け物。
メジャーで活躍出来なかった原因は変化球でしょうかね('A`)?
日本ではストレートが速ければそれも一つの武器になりますが
問題はキレよ
とまでは言いませんが、同じ150kmでも質があるように その部分がどうなのか
変化球は一級品でなくとも、日本の球はワンランク上になることもありますし
まぁ、期待してみましょうかねヽ(゚∀゚)ノ



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : オリックス, 野球, ランズラー, 161km, 左腕,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/719-1bfeb60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。