【詐欺注意!】フィッシングメールを見抜く方法!フィッシング対策協議会がODNかたるメールに注意を呼びかけ!

ここでは、「【詐欺注意!】フィッシングメールを見抜く方法!フィッシング対策協議会がODNかたるメールに注意を呼びかけ!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】



PCERTコーディネーションセンターのフィッシング対策協議会は14日、ODNをかたるフィッシングメールを確認したとして、ODN利用者に注意を呼びかけた。 今回確認したフィッシングメールには、メール本文にEメールやユーザ名、パスワードなどを記入させてメールでの返信を促すもの、フィッシングサイトへ誘導するものの2つのタイプを確認したとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000061-mycomj-sci


【スポンサードリンク】

いやぁ・・・この手のフィッシング詐欺は多いですよねぇ('A`)
私のところは

・ウェブマネーメンバーサポート
WebMoneyー安全確認

・NCSOFT
NCSOFTアカウントーー安全確認 

この2つが圧倒的に多いですね('A`)
ほぼ毎日きますヽ(`Д´)ノ
たまにUFJ銀行を騙るメールなんかもきますね。
これもある意味で情報が漏れてるんですよね('A`)漏洩と言えなくもない・・・

また、運営のメールアドレスなんて知らないこともありますし
サポート用などでまた違うので勘違いしやすいんですが
フィッシングの判別は意外と簡単。











はい、この2つの画像にあるとおり
記載されているURLと転送先のURLが違えばほぼ100%フィッシング詐欺です。
リンク先をクリックしてURLを確認なんてことはしないように( ゚□゚)b



カーソル消えてますが、URLの上にカーソルを置くとブラウザの下側に表示されます
これはgoogle chrome系のIronというブラウザですが、こういう感じです。
表示されないヽ(`Д´)ノという方は一度ブラウザを再起動するとだいたい直るそうです。

最も、日本語が変とか日本では使われていないような漢字で気付くと思いますが
一番手っ取り早いのは 運営がログインを促すようなことはないということですね。

また、表記されたURLと転送先URLを変えるという方法は
ブログをやっている方ならよくわかりますね。
リンクを当てずにURLを記載し、その記載したURLに飛ばしたい場所にリンクを張る・・・。

このブログですと↑や↓にある、過去や関連記事のような感じですね。
例えば
http://www.yahoo.co.jp
と表記して、その上に違うURLのリンクを貼るということですヽ(゚∀゚)ノ

何にしても、まずは怪しむことですが
一番の対策はメールから直接リンクを踏まないことです( ゚Д゚)b
これはネット上でも言えます。
怪しいと思ったらURLをyahooなりgoogleなりで検索することで
多くの危険を避けることが出来ると思います。
ただ、URLバーにURL入れるとそのままダイレクトに飛ぶので検索サイトでしっかり行いましょう( ゚∀゚)b



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : フィッシングメール, ODN, 注意, WebMoney, NCSOFT,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/677-86693f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。