マー君DL入りで不安視される「トミージョン手術」の可能性・・・

ここでは、「マー君DL入りで不安視される「トミージョン手術」の可能性・・・」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


ヤンキースは9日(日本時間10日)、田中将大投手(25)が右ひじの炎症のため15日間の故障者リスト(DL)入りしたと発表した。  前日のインディアンス戦で自己ワーストとなる10安打、5失点で4敗目を喫し、試合後、球団関係者に腕に違和感があると訴えた。同日、単身で遠征先のクリーブランドを離れ、MRI検査を受けるためにニューヨークに向かった。  田中は、6月17日のブルージェイズ戦までは11勝1敗、防御率1・99だったが、それ以降の4戦は1勝3敗、防御率4・25。12勝はメジャートップ、防御率2・51はリーグ6位だが、前夜の敗戦を受けて地元紙はこぞって田中の不調を伝えた。  スターレジャー紙は「落ちないスプリッター、消えたピンポイントの制球力」。ESPNは「マー君も人の子。中4日の登板で疲労が出ているのでは?」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000017-ykf-spo

【スポンサードリンク】
やはり中4日は厳しいんでしょうか・・・
メジャーは球数制限しているのに中4日なんですね(=Д= )
それも酷使になりそうですが('A`)

ただ、この故障は日本のファンのみならずヤンキースファンにとっても絶望的でしょう。
今やチームのエース・・・と言っても過言ではないですし。
最近は調子を落としていましたが、まさかこんなことになるなんて('A`)

最悪のケースとして、トミージョン手術の可能性もあるとかなんとか・・・
トミージョン手術と言えば、過去に
松坂大輔
田沢純一
藤川球児
和田毅
などが受けた手術として有名。

特にメジャーの球は滑りやすく、肘などに負担がかかりやすいと言われていたので
当初からそれらについての不安はありました。
しかし、その不安を退ける圧倒的な活躍で多くの人が
「適応力がある」と賛辞を送りました。

ここに来ての故障はかなり痛い。
ただの炎症であれば良いのですが、これまでトミージョン手術を受けた選手は
だいたいがこういう経緯で受けています。
可能性としてはそこまで高くないことなのでしょうけど・・・心配('A`)

トミージョン手術を受けると復帰までに時間がかかりますから
これまでのような投球は出来なくなります。
もちろん、時間をかければある程度戻ってはくるでしょうが
それまでの期間はリハビリのようなものになり、実力の6割程度になるかも・・・。

スプリット系の変化球は肘への負担が大きいことでも有名ですから
マー君も例に漏れず・・・。
握り敵に普通のフォークとかと比べると幾分かマシとも聞きましたが
何とか、無事であってほしい。





↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 田中将大, MLB, , 炎症, 故障,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/670-3e8b29e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。