【将棋】苦戦のプロ棋士、コンピューターに対する秘策はあるか?

ここでは、「【将棋】苦戦のプロ棋士、コンピューターに対する秘策はあるか?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


コンピューター将棋ソフトとプロ棋士が真剣勝負を繰り広げる「電王戦」。今春は4勝1敗と、2年連続でソフト側に軍配が上がった。今やソフトが編み出した手がタイトル戦で採用されるなど、長年の定跡に一石を投じるまでに。チェス世界王者がソフトに敗れてから17年。日進月歩で進化する将棋ソフトに、プロ棋士は「次の一手」を繰り出せるか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000028-mai-soci



【スポンサードリンク】


さて、コンピューターが強くなりプロをも脅かす存在になっています。
気になるのは「プロ棋士が勝てないならプロいらないじゃないか」というもの凄い極論('A`)
コンピューター同士戦わせて何が面白いのか・・・('A`)

人間では100%勝てない領域まで行ったチェスでさえ世界では競技人口が多いです。
突き詰めて言えば勝敗という結果が求められますが
その過程もまた楽しいもので、ミスがあるからこそ盛り上がるものもあるというものです( ゚∀゚)b

しかしながらコンピューターを全否定するわけでもありません。
コンピューターの成長は将棋ファンを確実に増やしました。
まだ確実ではないにしても、難しい局面を評価値で見てどちらが優勢なのか見ることができますし
直感的に将棋を見ることが可能になったのは大きい。
更に、棋譜を並べながらコンピューターならどう指すかも分かりますし
少なくとも私みたいな雑魚にとっては凄く参考になります。

そしてコンピューターの強さは、プロのレベルを確実に上げたと思います。
新しい定石を見つけるきっかけにもなりますしねヽ(゚∀゚)ノ

面白いのが、人間のようにコンピューターも得意な局面と苦手な局面があります。
そういう意味ではコンピューターにも個性はありますね。
人間ほどではないにしろ、ミスも確かに存在します。
コンピューター同士で戦わせても面白くないとは思いますが
電王手くんを用いればなかなか面白いかも(´▽`*)

コンピューターを応援する人、プロ棋士を応援する人
どちらもコンピューターのほうが強いと思っているでしょうしそれは間違いではないと思います。
将棋の面白さをどこで感じるかによって、どちらを応援するかも変わってきそう。



コンピューターの終盤はプロを圧倒的に凌駕していますが
序盤と中盤はそうとも言い切れません。
先ほども言った通り、コンピューターにも得意な局面やそうでない局面があり
若干リードしていても無難な手を指すに留まったりもします。

人間側が本気で勝つならば対コンピューター用の作戦を用いれば良いんですけど
これには反対する人が多いですね(=Д= )
人間同士でもその人用とは言わず対策を取るものなのですが('A`)
研究することにも抵抗がある人がいるようです・・・(=Д= )
純粋な棋力で勝てないから研究するのは卑怯だと言いますが
その研究も棋力だと思うんですよね・・・違うのかな('A`)?

羽生や渡辺出せよ!という声もありますが 不可能でしょうね(=Д= )
時間が無さ過ぎる(=Д= )
もしも、対コンピューター戦がタイトル戦になるようなことがあれば別ですが
羽生、森内、渡辺の3人はタイトル戦がありますし、タイトル戦までのトーナメントやリーグにも参加しています。
次の対局者の対策もあれば研究もあるでしょう。
現実的に電王戦に参加できる棋士は若手か、時間がある棋士に限定されることでしょう('A`)

そして、電王戦に勝つ作戦に出ないのは現状それ自体に意味がないんですよね。
対コンピューター戦の作戦を極めても次は人間に通用しないでしょうし・・・。
人間のほうが優れているというわけではなく・・・。
もっと何か大きなメリットを作ったり、対コンピューター専用棋士とか(´▽`*)
ま、非現実的すぎですわな,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

注目が集まれば何にでも賛否は出てくるものですが
急戦は卑怯だ!じっくり指せ!
という意味不明なコメントも・・・。

それでも、将棋に興味を持つ人が増えたのは事実なわけですし
これから共存共栄していくにはやはりプロ側もこのまま差をつけられていてはいけませんよね!


「プロ中位以上の実力があると認めざるを得ない」

個人的に上位以上にありそうですけど、プライドが許さないのでしょう('A`)
何にしても、電王戦がもっともっと大きなものになっていけば面白くなりそう!
コンピューター参加のタイトル戦とかも出来てくるかも(´▽`*)



-------------------------------------------------------------------------------
↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
-------------------------------------------------------------------------------



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 将棋, コンピューター, プロ棋士,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/503-ae4bf078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。