【美味しんぼ】連載31年目、山岡と雄山が「真の和解」

ここでは、「【美味しんぼ】連載31年目、山岡と雄山が「真の和解」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】



雁屋哲さん原作、花咲アキラさん作画の人気マンガ「美味しんぼ」で、主人公の山岡士郎が、ライバルで父の海原雄山と「真の和解」を果たしたことが、21日発売のマンガ誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)21号で明らかになった。連載31年でついに訪れた名シーンに注目が集まりそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140420-00000010-mantan-ent



【スポンサードリンク】


2008年の同誌では、雄山から士郎へワインが送られる“和解”のシーンが描かれていた。


このシーンは見ました。
貴重な場面だったので印象深いですし、ヤフーニュースのトップを飾っていましたね。
お互いの表情は硬かったのもあって緊張感ある場面となっていました。

今回はその後の進展を踏まえた上での和解ということでしょうけど
これは最終回も近いのではないでしょうか。
食べ物に対する知識を養えるマンガですので色々なところで見かけます。

そして1話完結でありながら、ストーリーはしっかりとしていて
食べ物以外の部分でも独自の世界観を作り上げています。
特に印象に残っているのは、イジメ問題についての話ですね
あぁ、確かにそうだなぁと思いながら読んでました。


ネットユーザーの反応

・最初は面白かった

・左翼思想が強く出てきた辺りで読まなくなった

・31年目もやってんのか

・原発問題のときは料理に一切関係なかったよな

・何回和解するんだよw

・もうだいぶ読んでないな

・料理もだいぶ偏ってきてから読まなくなった

・全て日本「も」悪いで片付けるまんが

・初期は面白かったな・・・

・たまに読みたくなるマンガ

・山岡もぶっきらぼうだったのにまともになって左翼色が強くなった

・キャラクターの設定がブレすぎてよく分からん

・韓国を持ち上げ、日本やそれ以外の国を貶める内容が多い

・マンガとしては微妙だが、料理を題材にしてるからまだ読める

何かあまり良いコメントは見かけませんでした('A`)
私も70巻くらいから読んでないのですが
いきなり「日本が悪い」「日本も悪い」と言い出したのはびっくりでした。
当時、そうなんだーと鵜呑みにしてましたが、全てが全て正しいわけではないんですよね('A`)

そういえば、卵粥か何かで掲載中止になった話がありましたね。
卵粥の安全性がどうのこうのでそれもニュースになってましたが・・・。

しかしながら、マンガで何かが変わる、変えられるというのは凄いことだと思います。
恐らく、良くも悪くも「美味しんぼ」を知らない人は少ないでしょうし
なんだかんだ長寿漫画ですから、最終的にどうなるのか少し楽しみですヽ(゚∀゚)ノ




-------------------------------------------------------------------------------
↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
-------------------------------------------------------------------------------



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 美味しんぼ, 山岡, 雄山, 和解,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/418-951390e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。