田中将大の怒りを煽った 出禁になった出版社はどこ?

ここでは、「田中将大の怒りを煽った 出禁になった出版社はどこ?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


選手の自宅への取材活動を禁止している楽天球団が

それを破った週刊誌を刊行している全媒体を出入り禁止にしたが

その不名誉かつ非常識な出版社はどこだ?とネットで様々な議論が行われている




【スポンサードリンク】
さて、今や球団の・・・いや球界のエースとなった田中将大投手

連勝記録などがかかっている為 球団も慎重になっている。


しかし、先日の出禁問題で マスコミや週刊誌の非常識さが襲い掛かった。



ネットでは、僅かな情報を頼りに その出版社の特定がされている。

・週刊誌を出版している
・スポーツ系の雑誌を出している
・出版社という点

以上のことから


文藝春秋社のNumber が候補に挙がり

次点に集英社のスポルティーバ

講談社なども挙がっています。


しかし、これはあくまで東スポの記事ということを頭に入れておいて頂きたい。
名誉毀損で訴えられた際
「東スポの記事を信じる人はいない」と主張し一審で勝訴、二審で敗訴
しかし、この解釈だけは残り
全く別の裁判で証拠物件に東スポを持ち出した人が敗訴
「東スポは証拠にならない」という判断からである

文藝春秋社のNumberはかつて阪神星野監督時代に痛烈な批判記事を書きまくり

阪神から出禁にされた過去があり

同じ監督で出禁の経歴もあることから候補筆頭になっている。

ただ、ソースが東スポなので 全面的に信用するのはよろしくない。


「日付以外全て誤報」と呼ばれていることをお忘れなく!
(過去に日付も間違えたことがある。)


これが事実であろうとそうでなかろうと

週刊誌ならやりかねない と思われていることも問題だと思う。

更に、抑止力にはなった可能性も否定できない。


記事の真偽よりも 記事によって得られたもののほうが大きいのではないでしょうか?






↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 野球, 田中将大, 出版社, 出禁,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/40-f55d2c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。