【第三回電王戦】習甦が菅井五段に勝ち、コンピューター側が1勝!

ここでは、「【第三回電王戦】習甦が菅井五段に勝ち、コンピューター側が1勝!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

序盤は互角ながらも評価ではリードしていました菅井五段ですが 中盤から終盤にかけて防戦一方に追い込まれ、押し込まれる形で終局となりました。
【スポンサードリンク】

棋士側に有利と言われていたルールでの敗戦。
これまでの電王戦になかった振り飛車で挑戦した菅井五段でしたが無念の投了となりました。
敗因は5筋の攻めだったのではないかという検討陣からの意見もありました。
中盤以降はそれほど大きなミスはなかったのですが
小さなミスが敗着となってしまったわけですので
プロ同士の将棋とはまたひとつ違った結果になりました。




「研究外の手」を指され動揺したと菅井五段は仰っておりましたが
臨機応変に変化する手を指すというのは
人間により近くなり、そして人間より正確という点では最強ですよね!

残念な結果に終わってしまいましたが、人間側が1勝できますかね?
最終的にはコンピューターに追いつけなくなる時代が必ず来ると思います。
人間の進化より、コンピューターの進化のほうが速いですからね('A`)
そのうち1分で1万手とか読み出すかもしれませんね(=Д= )

菅井五段を応援していたので残念ではありますが
初の振り飛車で真っ向勝負したのは見ていて面白かった。
どうせなら勝ってもらいたかったですが
指し手のほとんどが習甦の読み筋だったのは厳しかったか・・・。

ロボットアーム「電王手くん」も凄かったですね。
お辞儀もしっかりしてました。
片手で駒を取ったり、ひっくり返したりとなかなか高性能。



製作期間は1ヶ月だそうです。
元々工業用のアームだったのを応用したとかなんとか・・・。
将棋の駒や台は木で出来ているので、結構苦労したそうです。
手彫りですので、人間には同じように見えて同じ「銀」でもロボットからすると別の駒と認識したり
中央がやや盛り上がり端に向かって緩やかな傾斜みたいな形状も
それぞれが違い、それらを細かく認識しないように かつすべての駒を認識できる精度にするには
非常に苦労したと仰っていました。

1回戦負けてしまうのは辛いですが団体戦ですからね!
でも、正直勝つのは難しいですよね(=Д= )

2回戦は、いろいろな意味で有名な佐藤紳哉 六段が
両国国技館でやねうら王との対戦

3回戦は、その佐藤さんのネタでも有名ですが強さは折り紙つきの豊島将之 七段が
あべのハルカスでYSSとの対戦

4回戦は、無冠の帝王と呼ばれ、タイトルに恵まれていないものの通算800勝達成した森下卓 九段が
小田原城でツツカナとの対戦

5回戦は、大将戦に相応しい実績を持つ屋敷伸之九段が
将棋会館でponanzaとの対戦

なんか、本当にキン肉マンのような場所で戦いますね,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
来週が楽しみ(´▽`*)



-------------------------------------------------------------------------------
↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
-------------------------------------------------------------------------------



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 将棋, 第三回, 電王戦,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/341-939c1d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。