【Q&A】クリミアの歴史、ロシアがウクライナにこだわる理由は

ここでは、「【Q&A】クリミアの歴史、ロシアがウクライナにこだわる理由は」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】




プーチン露政権がウクライナへの軍事的圧力を強めている。当面の焦点は同国南部クリミア半島だ。問題の経緯やクリミアの歴史をQ&A形式でまとめた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000515-san-eurp


【スポンサードリンク】



Q 
クリミアとは  

A 
黒海に突きだす半島で、面積は四国の1・4倍にあたる2万5500平方キロ。
冬季五輪が行われた黒海沿岸のソチと同様に温暖で、半島南端のセバストポリでは
ロシア海軍が黒海艦隊の基地を租借している。
ソ連時代から保養地として知られる半島南部のヤルタは、第二次大戦末期に米英ソが密約を結んだヤルタ会談で有名だ。
半島のほぼ全域がウクライナのクリミア自治共和国に含まれる。  



赤丸がクリミア半島

Q 
今回の問題の経緯は  

A 
ウクライナでは2月下旬、首都キエフや西部での大規模な反政権デモを受け、親露派の政権が崩壊した。
しかし、人口約200万人のうちロシア系が6割を占めるクリミアはロシアへの親近感が強く
政変で発足した親欧米派の暫定政権を認めていない。
プーチン政権はこれに乗じ、ロシア系住民やロシア軍人の保護を名目に軍事介入の方針を決めた。  

Q 
なぜロシア系住民がそんなに多いのか  

A 
これは半島の歴史に関係している。
古くはタタール系のクリム汗国が存在したが、その保護国だったオスマン・トルコと帝政ロシアの戦争を経て
ロシアが1783年に併合した。
戦略上の要衝で、英仏トルコとロシアが戦ったクリミア戦争(1853~56年)の舞台ともなった。
第二次大戦期にはタタール系が「対独協力」のかどで中央アジアに強制移住させられ
この間にロシア人が大量に入植した経緯がある。  

Q 
なぜ今はウクライナ領なのか  


旧ソ連のフルシチョフ書記長が1954年、ロシアによるウクライナ併合300年を記念し
クリミアの帰属をロシアからウクライナに変更したためだ。
この決定はソ連崩壊後になって両国間の問題となったが、97年にはクリミアがウクライナ領であることが確認された。
ソ連時代からあった黒海艦隊の艦船はロシア81%、ウクライナ19%の比率で分割し
ロシアはセバストポリの基地を租借することになった。  

Q 
ロシアがウクライナにこだわる理由は  

A 
ロシア人には今も、ウクライナを独立国だと考えない帝国主義的な意識が強い。
政権には、そのウクライナが欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)への
加盟を目指す親欧米国となることへの危機感がある。
クリミアについては特に、プーチン氏も「ロシア固有の領土」と過去に発言している。

   

ウクライナでは2008年、当時の親欧米政権が黒海艦隊への基地貸与を17年で打ち切ることを決めたが
親露派の前政権下で42年までの延長に合意した。
再び親欧米派が中央権力を掌握した今、地中海への窓口であるクリミアの基地を失うわけにいかないとの焦りもある。


ふむふむ。
分かり易い。

あと3日かぁ・・・。
平和に終わるってことはここまできた以上ムリなんでしょうかね・・・('A`)?



-------------------------------------------------------------------------------
↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
-------------------------------------------------------------------------------



↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : ロシア, ウクライナ, クリミア,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/320-8ad9bd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。