「STAP細胞」と「iPS細胞」って何が違うの? 比較

ここでは、「「STAP細胞」と「iPS細胞」って何が違うの? 比較」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】



兵庫・神戸市の理化学研究所は、「iPS細胞」のように、さまざまな細胞に変化できる新たな「万能細胞」を、簡単な手法で作製することに成功したと発表しました。 今回発表された「STAP細胞」の特徴を「iPS細胞」と比較しながら見ていきます。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140130-00000158-fnn-soci


【スポンサードリンク】


ニュースは全て「STAP細胞」についてですね!
今日ちょっと病院で見てたんですが、IPS細胞の上位互換のようなものらしいですね。

【作成について】
IPS細胞は人の皮膚などの細胞を遺伝子操作することでつくられる。
STAO細胞はねずみのリンパ球などを弱酸性溶液につけて刺激を与えることでつくられる。


【作成期間】
IPS細胞が2~3週間 
STAP細胞は2日程度と断然違いますね。


【がん化について】
IPS細胞はがん化の可能性が残る
STAP細胞はがん化の可能性が低い


【上位互換な理由】
STAP細胞はIPS細胞では不可能だった胎盤を含むすべての体細胞に変化が可能


【成功率】
IPS細胞は成功率が0.1%
STAP細胞は成功率30%以上


凄い差ですよね。
これを批判や反対の中、5年間の研究で得たというのは驚き。
更にコストの高い白衣ではなく、割烹着を使用していたのもびっくりです。
結構便利だったそうですが、こういう発想だからこそ見つけられたのかもしれませんね!


ネットユーザーの反応

・これってノーベル賞いけるの?

・↑IPS細胞でノーベル賞だったからこれから次第で余裕じゃないかな?

・常識を覆したってかっこいいよなw

・山中さんかわいそうに・・・

・これが人間にも使えたら世界が変わるのか・・・

・頭皮に刺激をっていうのは科学的根拠あるんだなwwww

・つまり頭に酢を塗ればいいんだな?

・世紀の大発見じゃね?

・↑それはIPS細胞が先

・否定してたヤツはごめんなさいしたのか?

・俺は知ってたよ、彼女はできるってな

・ハゲいなくなるってこと?

・ハゲが歓喜してんのかすげー髪の毛について書いてんな・・・


まだ人での実験はないようですが、あちらの世界では
一度構築されたものは別のものに変化しないというのが定説。
つまり、何かの細胞がそれこそ髪の毛となって頭皮から出てきたとしても
その髪の毛を変化させて骨にすることは不可能。
という常識的なものを覆したそうですね。
これからに期待がもたれますね!


-------------------------------------------------------------------------------
↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
-------------------------------------------------------------------------------





↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : STAP細胞, IPS細胞, 比較,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/255-d9adfe12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。