里見香奈、三段昇段決める 女性初プロに近づく

ここでは、「里見香奈、三段昇段決める 女性初プロに近づく」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


将棋の里見香奈・奨励会二段(21)が23日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた奨励会の対局の1局目で勝ち、直近の成績を12勝3敗とした。規定(12勝4敗)を上回り、三段昇段を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00000024-mai-soci




【スポンサードリンク】


これは凄い、是非女性初のプロ棋士になってもらいたいですね!

将棋にあまり詳しくない方は「ん?」と疑問を抱くかもしれません
「女流棋士」という言葉を聞いたこともあるでしょう

将棋のプロ とは
奨励会に入会し四段になって初めて「棋士」となります。
が、現在ではその「棋士」になった女性はいません。

女流棋士はプロ棋士とは全く別のものとなり
現在は奨励会と女流棋士の掛け持ちは認められているようですが
少し前まではどちらかしか選べませんでした。

この掛け持ちを認めさせたのも三段リーグに昇格した「里美香奈」さんですね。

女流1級で奨励会5級程度の棋力とされていますが
中には「プロ棋士」に勝利した女流棋士もいます。
しかしながら、女流棋士の勝率は2割に届いていません。

対戦相手としては新四段やフリークラスに在籍する棋士となることが多く
女流枠のあるタイトル戦以外ではB級以上の棋士と対局することはほとんどありません。

女流棋士になるには年齢制限がありますが
それさえクリアしていればある程度の棋力があればなれます。

今回、里美香奈さんが三段に昇段しましたが
プロになるにあたって「三段リーグ」が鬼門になってきます。

現在無双状態の羽生善治三冠でさえ
当時三段リーグという制度があったらプロになれていたか分からないと言われており
森下卓先生曰く
「プロでも苦戦する」
くらいのレベルであり しかも実力があるからと言って昇段できるとは限りません。

前期と後期それぞれ上位2名が四段に昇段できますが
安定した成績よりも確変を起こすくらいでないと難しく、プロより強い三段も居るくらいです。

その世界を勝ち抜き、是非とも女性初のプロ棋士になっていただきたいですね!






↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : 里美香奈, 三段,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/169-6d58b360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。