【レーシック難民】私、レーシック手術で失明しました

ここでは、「【レーシック難民】私、レーシック手術で失明しました」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサードリンク】


↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】


「レーシック難民」という言葉を知っていますか?
安全と謳われ、多くの人がレーシック手術を受け後遺症の被害に遭っています。

以下参考サイト引用



【スポンサードリンク】


眼球の拡大写真を見ると「黒目」の上に白い濁りがあるのが分かる。
角度を変え、瞳を横から見ると、表面はところどころえぐれ、デコボコになっている。
兵庫県在住の女性・Kさん(46)は'10年、視力矯正のため
眼球の表面「角膜」を削る「レーシック」手術を受けた。




Kさんの手術後3ヵ月の右目。白いベールが何重にもかかったような見え方という



「手術を受けた後、黒目に白斑が出ました。
術後、一旦は視力が回復したのですが、1ヵ月経った頃から右目の視力がどんどん下がって
2ヵ月後、ついに目の前に差し出されたグー、チョキ、パーの形を
まったく見分けることができない失明状態になりました。
視界が真っ白で異様にまぶしく、吐き気やめまいを感じるようになったんです」(Kさん)

12月4日、レーシック手術後、何らかの不具合を感じたという相談がこの4年半で
消費者庁に80件寄せられていたことが発表された。
同庁が先月行った、レーシック手術を受けた600人へのアンケートでは
約4割が何らかの不具合を感じていることが分かった。
レーシック手術の安全性に大きな疑問が投げかけられている。
本誌の取材でも、「不具合」というにはあまりに重篤な症状に苦しむ患者が多数いることが分かった。

Kさんが続ける。

「私が手術を受けた頃、ちょうど職場でレーシックがブームになっていました。
手術前、医者には
『デメリットのない手術です』
『事前に後遺症について説明するよう国から言われているから説明するが
実際こんなことはまず起きない』と勧められました。
費用は37万円でしたが、安全なら……と決めました」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37855



レーシック手術は画期的で安全な視力矯正手術と謳われていましたが
実情は後遺症を度外視していたものでしたね。

スポーツ選手の中にもレーシック手術をして後遺症に悩まされている人も多く居ます。

最近ではサッカーの本田圭祐選手などもその被害に遭ってるといわれています。
レーシック手術を推奨してきた芸能人も少なくありません。
今はどのような気持ちでいるのでしょうか?









↓↓ ブログランキング 1クリックずつお願いします(´▽`*) ↓↓

                 ブログランキングならblogram          にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


【スポンサードリンク】

関連記事

関連タグ : レーシック手術, 難民, 後遺症,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kininaruuwasa.blog.fc2.com/tb.php/166-a826b45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。