野球

ここでは、「野球」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハムの大谷翔平投手(20)が7日、京セラドーム大阪で行われたオリックスとの20回戦で日本球界初となる同一シーズンでの「2桁勝利&2桁本塁打」の快挙を達成した。
「5番・DH」で先発出場した大谷は1―5で迎えた4回1死で迎えた第2打席でオリックスの先発・吉田一がカウント2ボール1ストライクから投じた4球目141キロの速球をバックスクリーンに運んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140907-00000098-spnannex-base



[【動画あり】大谷翔平、野球の神様に並ぶ二桁勝利二桁本塁打を96年ぶりに達成!]の
続きを読む




スポンサーサイト
スポンサーサイト

関連タグ : 大谷翔平, ベーブ・ルース, 10勝10本,


通算2162安打をマークしている日本ハム・稲葉篤紀内野手(42)が今季限りで現役を引退することが1日、明らかになった。2日に発表される。プロ20年目の今季は開幕直後に左膝を手術。7月に戦線復帰したものの、ここまで23試合の出場にとどまっていた。侍ジャパンの4番も経験し「稲葉ジャンプ」でファンからも愛されたスラッガーが、ついにバットを置く。
12年に史上39人目となる2000安打をマークした稲葉も、故障には勝てなかった。打撃コーチを兼任した昨季は自己最低となる打率・203に低迷。今季は選手一本に戻って「結果を残せなければ、辞めなくてはならない」と覚悟を口にして臨んだが、自主トレ中に左膝の違和感を覚えて暗雲が漂った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000001-spnannex-base


[【悲報】日ハム・稲葉篤紀内野手が今季限りで引退を表明!プロ20年、42歳の決断。]の
続きを読む




関連タグ : 日本ハム, ファイターズ, 稲葉篤紀, 引退,

中京が逃げ切り優勝を決めた。  準決勝で50回、709球を投げきった中京の松井投手はベンチスタートとなった。しかし、四回1死二、三塁のピンチを迎えると先発の伊藤に代わって松井がマウンドに向かった。このピンチを捕手のけん制、投ゴロで無失点で切り抜けた。  中京は六回には2死から小池が安打で出塁すると二盗などで三進し、暴投で先制点を挙げた。さらに七回にも先頭・加藤、斉木の連続安打を犠打で送った1死二、三塁からランエンドヒットで加点した。  四回途中からリリーフの松井は八回から6者連続三振を記録するなど、安定した制球力で5回2/3を1安打無失点の好救援を見せた。  松井は決勝戦でも77球、4日間で786球を投げたことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000042-dal-base



[準決勝で歴史的死闘を制した中京が優勝!50回投げぬいた松井がリリーフ登板で6者連続三振!!]の
続きを読む




関連タグ : 軟式野球, 大会, 中京, 優勝,


 第59回全国高校軟式野球選手権大会の中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は31日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で延長46回から再開され、延長50回の末に中京が3―0で勝って、4日間に渡って繰り広げられた“世紀の死闘”にピリオドを打った。  史上最長に並ぶ45回でも決着がつかず、3日連続のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となった一戦。3日間を1人で投げ抜いた中京・松井大河(3年)、崇徳・石岡樹輝弥(3年)がこの日も引き続き登板。両投手の投げ合いで49回まで0行進が続いたが、延長50回無死満塁から2番・後藤が右翼線へ2点適時二塁打を放ち均衡を破ると、さらに無死二、三塁から内野ゴロの間に1点を加え、松井がその裏の崇徳の攻撃を抑えた。  中京は引き続き三浦学苑(南関東・神奈川)との決勝に臨む。  ▽サスペンデッドゲーム 全国高校軟式野球大会の準決勝までに適用される。15回ごとにいったん試合を打ち切り、後日次の回から再開する。試合が継続しているため、再開した回で決着する場合もある。選手は一度退くと、再びその試合に出場できない。日本高野連は硬式に比べ、軟式は投手の肘や肩への負担が軽く、日程の消化も進むため採用している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000078-spnannex-base


[歴史的死闘、ついに決着!!延長50回 中京が3-0で勝利!!]の
続きを読む




関連タグ : 軟式野球, 延長50回, 決着, 準決勝, 中京, 崇徳,


延長45回裏2死三塁で、中京(岐阜)のエース松井大河(3年)が崇徳(広島)・高瀬雅也外野手(3年)を空振り三振に取り、3日間にわたった準決勝の決着は0-0のまま31日に持ち越された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000034-nksports-base


[「またじゃけど、よろしくな」 延長45回を終えて3日で600球以上投げた両エースが明日最後の戦い!]の
続きを読む




関連タグ : 軟式野球, 延長45回,


2日間にわたって延長三十回を戦っても0‐0で決着せず、サスペンデッドゲーム(一時停止試合)となった中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝が三十一回から再開されたが、四十五回でも決着がつかなかった。3日連続のサスペンデッドゲームとなった。
31日は最大9イニングを行い、決着がつかない場合は抽選で決勝進出校を決定。同日中に三浦学苑(南関東・神奈川)との決勝戦が行われる。  試合再開のマウンドには、ともに延長三十回を投げ抜いた中京・松井大河投手、崇徳・石岡樹輝弥投手が3日連続で上がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000035-dal-base

[【歴史的激戦】延長30回で決着着かず3日目に突入した軟式野球準決勝、45回も0点で4日目突入!]の
続きを読む




関連タグ : 軟式野球, 延長45回,


中日は28日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に延長12回の末、5―6で逆転負けを喫して同一カード3連敗。本拠地・ナゴヤドームでDeNAに3タテを食らったのは実に1998年9月以来、16年ぶりの屈辱となった。  これで自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が消滅。谷繁監督は「この状況を受け止めていくしかない。まだ(Bクラスと)確定してないじゃないですか」と必死に前を向いたが、この日の試合中には苦しいチーム状況を象徴するような事態も起きた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000005-tospoweb-base


[【動画あり】谷繁監督と森野が一触即発!?自力CS進出消滅の中日、守備のミスでトラブルか?]の
続きを読む




関連タグ : 森野, 谷繁, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。